商品一覧

 

FARMING SOLAR MODEL営農型太陽光発電モデル

農地をもっと効率的に利用する。
これからは農業×エネルギーの時代へ。

FIT制度によって全量売電が注目された際、農地を太陽光発電施設へと転用するケースが増加しました。しかし農業は日本の食糧生産の基盤であるため農地の確保はとても重要なことです。そこで農業とエネルギーを両立するための制度が徐々に整備され、「営農型発電設備」の導入が行われるようになってきました。

営農型太陽光発電

営農型太陽光発電とは、農産物の生育に必要な日射量を確保しつつ、農地に支柱を立てその上部空間で太陽光発電を行う発電方法です。農産物によって必要な日射量が異なるため、遮光率を計算し太陽光パネルの設置枚数を調整する必要があります。

メリット①

売電による収入が得られる

売電による収入が得られる

全量売電の場合、農産物の販売収入とは別に、太陽光発電で生産した電気による売電収入が入ります。収入の拡張につながるため、農業経営の規模拡大などにもつながります。

メリット②

夏場の農作業がしやすくなる

夏場の作業がしやすくなる

上部に設置されたパネルによって直射日光がある程度さえぎられるので、夏場の農作業がしやすくなります。

メリット③

休耕地の有効活用ができる

休耕地の活用ができる

農産物の販売収入だけではなく売電収入を得ることができるため、休耕地を再び農地として活用しようとする動きにつながる可能性があります。こうした動きが地方創生にもつながっていきます。

INTRODUCE営農型太陽光発電の導入

上記のようなメリットがある営農型の太陽光発電ですが、ただ設置したらいいというものではありません。作物の品質や収量に影響がなようパネルを設置することが大前提であり、そのためには作物の品種によって適した日射量となるよう、遮光率を調整しなくてはなりません。営農型太陽光発電を行うには必要なことがいくつもあります。

① 設置可能な農地かどうかの調査が必要

農地架台をその農地が太陽光発電に適しているかを調査する必要があります。特に周辺に背の高い建物や雑木林がある場合は、太陽光発電にはあまり適していない環境のため注意が必要です。また地質によっては基礎の大きさ等に見直しが必要であったり設置ができない場合もあるため、事前の調査が重要となります。

② 周辺農地への影響に考慮が必要

今まで開けていた場所に支柱を立てて太陽光パネルを設置するため、周辺農地への影響はゼロとは言えません。架台および太陽光パネルを設置することによって隣接する農地に影がかかり、作物へと影響が出てしまうことは避けなくてはなりません。発電施設を設置するにあたって、周辺の農地が効率的に利用できるような設計が必要となります。

③ 営農計画の策定が必要

営農型太陽光発電施設を設置することにより下で生産する農産物の品質・収量等に影響がないように、事前にしっかりとした営農計画を立てておく必要があります。また設置後は年に1度、営農の適切な継続が行えているかどうかを確認し報告する義務があります。農産物の生産に支障があると判断された場合には、発電施設の撤去および農地の復元が必要となるため注意が必要です。

④ 農地の一部に一時転用許可が必要

太陽光パネルを載せる架台の基礎にかかる土地が農業以外への使用となるため、一時転用許可が必要となります。一時転用許可期間は3年以内または10年以内で、期間中の営農の継続に問題がなかったと判断された場合は再許可が可能となります(再度申請が必要です)。

⑤ 経済産業省および電力会社への申請が必要

発電した電気を全て売却(全量売電)する場合、また施設内で消費した余りを販売(余剰売電)する場合は、経済産業省および電力会社への申請が必要になります。発電した電気を全て施設内(営農型発電設備を設置した農園内)で消費(自家消費)する場合は申請の必要はありません。

RELATED INFORMATION関連情報

CONTACTお問い合わせ

株式会社サンエイ工務店

〒510-0002

三重県四日市市羽津中2丁目2-4

FREE: 0800-200-1328

TEL: 059-373-6091

FAX: 059-331-7191

INFORMATION物件情報