商品一覧

 

ES BLANCOエス・ブランコ

スペイン生まれの伝統的な塗り壁材で、
クロスの上から漆喰リフォームしませんか?

「Es blanco(エス ブランコ)」は、ヨーロッパの消石灰を主原料とした自然素材の塗り壁材(漆喰)です。漆喰は「呼吸する壁」と呼ばれるほど吸放湿性能が大変優れているため、気温や湿度の変化が大きい日本では、昔から多くの家屋に用いられていました。

スタンプによる模様

広がるデザインの幅

形の決まっているパネルや柄の決まったクロスではなく、自然素材の塗り壁材ですので、塗り方や色を変えることによって、洋風から和風まで幅広いジャンルに合わせて、デザインをアレンジすることが可能です。また、肌触りや質感など、素材を楽しむこともできます。

抗菌性が高くカビにくい

漆喰の内部は強いアルカリ性であるため、洗剤と同じように殺菌作用を持っています。そのため細菌の生育や増殖を抑え、カビやダニの発生を防止します。また、インフルエンザなどのウイルスも生息しにくいため、健康にもやさしい素材となっています。

臭いを吸着して分解する脱臭機能

漆喰の内部が強いアルカリ性であることは、細菌などの生息を妨げるだけではなく、臭いの元となる有機物の分解にも役立ちます。漆喰特有の表面にあいた無数の穴から臭いの元である有機物を吸着し、分解します。これによって家の中の嫌なにおいを防ぐことができます。

湿度を保つ壁

漆喰が「呼吸する壁」といわれるのは、部屋の湿度が高くなると空気中の水分を吸収し、低くなると放出するからです。これによって湿度をある程度保つことができるため、気温や湿度の変化が大きな日本にはとても適した素材といえます。

RELATED INFORMATION関連情報

CONTACTお問い合わせ

LEONE

〒510-0834

三重県四日市市ときわ1丁目6-21

TEL: 059-340-5328

FAX: 059-329-6328

お問い合わせフォーム

LEONE ウェブサイト